Canvaで作成した名刺とチラシをネット印刷業者【ラクスル】に入稿!

Canva初心者

Canvaで作成した名刺やチラシのデザインをネット印刷業者のラクスルに印刷発注することはできるの?

Dr.オフィス

ラクスルにCanvaのデザインの入稿も可能だよ。
だけどCanvaのテンプレートのサイズがラクスルの提示する用紙サイズと異なる場合は、ラクスル用紙サイズに合わせてCanvaのデザインを作成する必要があるよ!

Canvaで作成したデザインも、ラクスルの豊富な用紙サイズや紙質、フレキシブルな配送と料金オプションで印刷発注をすることができます。

ラクスルは日本の大手ネット印刷業者で実績もあり、場合によっては自分で印刷するよりも安く綺麗に仕上がるので印刷部数が多い場合にとてもおすすめです!

今回はラクスルで「名刺」と「チラシ」を入稿する方法、入稿に適したCanvaのデザインデータの作り方をくわしく紹介していきます。

ラクスルにCanvaのデータを入稿する簡単ステップ
  1. Canvaでラクスルで取り扱いのある用紙サイズで印刷物のデザインを作成する
  2. ラクスルの商品ページで印刷したいものを選択
  3. プリントオプション(サイズ、紙質、片面・両面印刷、カラー・モノクロなど)を選択
  4. 商品出荷日と印刷部数を選択する
  5. ラクスルにCanvaで作成したデータをアップロードし入稿する
  6. 支払い手続きをし、注文を確定する
Dr.オフィス

Canvaで作成した名刺やチラシを印刷してビジネス利用している私が、ネット印刷業者のラクスルに印刷発注をする方法をくわしく教えるよ!

Canvaなら豊富なテンプレートからおしゃれな名刺や、まるでプロが作ったかのようなチラシを簡単に作成することができます。

ただモニター上でデザインするだけではなく、実際に印刷して実用することができるのが嬉しいですね!

数ある印刷オプションの中で、ラクスルなら簡単かつプロの機材で早くて綺麗な印刷が実現できるので上手に活用していきましょう。

Canvaで作成したデザインも、自宅で印刷、コンビニプリント、ネット印刷業者、Canvaで直接発注に至るまでたくさんの印刷オプションがあります。

それぞれの印刷方法や印刷に適したCanvaのデザインデータの作り方を»【Canva】印刷方法とプリント用データの作り方を徹底解説!の記事でくわしく解説をしていますのでぜひご覧くださいね!

目次

ラクスルでCanvaで作った名刺を印刷入稿する方法!

Canvaで名刺を作成して、ラクスルに入稿する手順と印刷データの作成方法やポイントを紹介していきます。

ラクスルに入稿できる名刺のサイズ

ラクスルでは以下の3タイプの名刺サイズを取り扱っています。

  • 通常サイズ:91×55mm
  • 欧米サイズ:89×51mm
  • 小型サイズ:85×49mm

なお、Canvaの名刺テンプレートのサイズは85mm×50mmに設定されており、ラクスルで言う小型サイズに近いです。

ラクスルに印刷発注をするのならCanvaの名刺テンプレートをそのままつかわずに、カスタムサイズで入稿に指定されたサイズで製作する必要があります。

Dr.オフィス

カスタムサイズにしても、名刺のテンプレートは編集画面から探すことができるから安心してね!

手順①Canvaのカスタムサイズで名刺をデザインする

まずはCanvaで名刺を作成しましょう。

まず、カスタムサイズでラクスルに入稿する名刺のサイズでデザイン作成をしていきます。

スタムサイズを作成
スタムサイズを作成
  1. Canvaのホーム画面右上の「デザイン作成」をクリック
  2. でてきたタブの左下にある「カスタムサイズ」をクリック

するとタブが以下のように切り替わります。

製作する名刺のサイズを記入し「新しいデザインを作成」をクリック
製作する名刺のサイズを記入し「新しいデザインを作成」をクリック
  1. 「幅」と「高さ」を記入する
    (今回は日本の標準サイズの名刺を作成するので幅を95、高さを55と記入します。)
  2. デザインサイズの単位を「mm」に指定する
    (デフォルトでは「px」に設定してありますので注意してください。)
  3. 「新しいデザインを作成」をクリック

すると、91×55mmのサイズの編集画面が表示されます。

名刺のデザインテンプレートで名刺を作成していく場合は以下の手順に従ってください。

テンプレートの検索欄に「名刺」と記入
テンプレートの検索欄に「名刺」と記入
  1. 「テンプレート」のエディターの検索欄に「名刺」と記入する
  2. 気に入った名刺を探し、画面に挿入する

素材を動かしたり、テキストを変更、色を変更するなどしてオリジナルの名刺を作成してください。

名刺のデザインができあがったら、ラクスルに入稿するために以下の保存形式でダウンロードしてください。

作成したオリジナル名刺を作成したオリジナル名刺を印刷入稿に最適な保存形式で保存印刷入稿に最適な保存形式で保存
作成したオリジナル名刺を印刷入稿に最適な保存形式で保存
  1. ファイルの種類で「PDF(印刷)」を選択する
  2. 「トリムマークと塗り足し」にチェックする
  3. カラースペースで「CMYK」を選択する
  4. 「ダウンロード」をクリック

これでラクスルに入稿する名刺のデータができあがりました!

手順②ラクスルで名刺の注文手続きをする

まずはラクスル名刺を注文するページを開きましょう。

すると以下の名刺印刷商品一覧の画面で欲しい名刺のサイズのものをクリックして開きます。

今回は通常サイズの名刺(91×55mm)を選択します。

ラクスルの名刺印刷商品一覧画面
ラクスルの名刺印刷商品一覧画面

すると以下の「通常サイズの名刺印刷料金表」の画面が表示されます。

まずは紙質や用紙の厚さなどの名刺の印刷オプションを選択する必要がありますので以下の手順を参考にしてください。

通常サイズの名刺の印刷料金表
通常サイズの名刺の印刷料金表
  1. 用紙サイズ:通常サイズ/欧米サイズ/小型サイズのいずれかを選択
  2. 用紙の種類:以下を参考にしてください
  3. 用紙の厚さ:標準(220kg)/薄手(180kg)のいずれかを選択
  4. 片面印刷カラー/片面印刷モノクロ/両面印刷カラー/表面カラー・裏面モノクロ/両面モノクロのいずれかを選択
  5. 角丸加工あり/角丸加工なしの選択
  6. PP加工なし/両面クリアPP/片面マットPPのいずれかを選択
    (PP加工とは雑誌や本などに使われる表面加工)
  7. パターン数:同じ仕様(用紙の種類・厚さ・色数・部数・出荷日が同じ)の印刷物を複数パターン必要な場合は変更する

【ラクスルの名刺で選べる用紙】
●光沢紙:写真やイラストがくっきり印刷できる
●マット紙:光沢が抑えられ落ち着いた風合い
●ケント紙:滑らかな質感、筆記性に優れいる
●高級紙:空気を多く含んだやわらかな風合い
●片面強光沢紙:表面に鏡のような強い光沢を持たせた用紙(裏は普通のコート紙)
●片面和風紙:表面に羽のような特殊繊維を混ぜた用紙(裏面は無地)
●淡クリーム紙:淡いクリーム色、きめ細かく強度が高い
●LIMEX:石灰石から作られた、エコで水に強い新素材(ベタやグラデーション、写真などは粗い仕上がりになる)

名刺の価格は用紙や紙の厚さ、カラー、モノクロ、片面または両面印刷などで値段は変動します。

印刷オプションの選択が完了したら価格表を見ましょう。

  • 名刺の最低注文数は100部から最大で50,000部
  • 出荷日は最速で1営業日、2営業日、3営業日、*5営業日(オフセット印刷のみ)から選べ、出荷日が遅くなるほど割引される
  • 100部から1000部まではオンデマンド印刷
    (レーザープリントで素早い生産が可能、版を作らないので低コスト小ロット生産に向いている)
  • 1500部以降はオフセット印刷
    (版を使用した印刷で大量生産向き、印刷物を乾燥させる工程があるので時間がかかるが色の表現幅が広い)
印刷オプション設定後の価格表
印刷オプション設定後の価格表
納品日と印刷部数による価格の違い
納品日と印刷部数による価格の違い

欲しい名刺の部数と出荷を希望する営業日が重なる価格をクリックしましょう。

このサンプルでは「名刺100部」で出荷日を「受付日から1営業日」の「1,316円」を選択します。
なおこの価格は税込表記ですが、送料は含まれません。

1営業日の納品日はいつ?

Canva初心者

1営業日で注文すると、いつ印刷物がいつ納品されるの?
いまいちよくわからない!

Dr.オフィス

たしかに少しややこしくて混乱しちゃうよね。
住んでる地域によっても配送スピードは変わるから下の図を見ながら解説するね!

ラクスルをはじめ、ネット印刷通販会社では配送のオプションも「1営業日」から多いところでは「7営業日」くらいまで細かく設定しています。

まず、注文の際に選択する「営業日」が「商品の出荷日」だということです!

営業日と出荷日の説明
営業日と出荷日の説明

たとえば6月1日にラクスルで注文をするとしましょう。

「1営業日」のオプションを選択したら翌日の6月2日に商品が「出荷」されるということです!

以下で地域ごとの配送目安をわかりやすく図にしてみました。

1営業日で注文した場合の地域ごとの配送日の目安
1営業日で注文した場合の地域ごとの配送日の目安

「1営業日」で注文が確定したら・・・

  • 本州・四国全域:出荷から翌日〜翌々日(注文日から2-3日後)
  • 九州全域:出荷から翌日〜3日後(注文日から2-4日後)
  • 北海道:出荷から翌々日〜3日後(注文日から3-4日後)
  • 沖縄・離島:出荷から3日後以降(注文日から5日後以降)

名刺の配送方法に宅配便(¥550)とメール便(¥242)を選択するオプションがあり、上記の説明は「宅配便」を選択したときの配送スピードです。メール便の場合は上記の日程に+1日ほどが加算されます。

Dr.オフィス

天候などによって遅れが生じることもあるから、なるべく余裕を持って早めにラクスルに注文をすることをおすすめするよ!

手順③ラクスルに名刺のデータを入稿する

ここからはラクスルに名刺デザインの入稿と支払いの工程です。

データを入稿するをクリック
データを入稿するをクリック

カート内にある商欄(名刺)の「データを入稿する」をクリックしましょう。

するとログインまたは新規会員登録の画面が表示されます。

ラクスルにログインまたは会員登録をする
ラクスルにログインまたは会員登録をする

ラクスルで会員登録を過去に行ったことがある方は「ログイン」、はじめてラクスルを使用する方はここで会員登録をしましょう。

Dr.オフィス

すでにログインが済んでいる人はこの画面は出ませんので次のステップをご覧ください。

次にデータを入稿します。

Canvaで作成した名刺をラクスルにアップロード
Canvaで作成した名刺をラクスルにアップロード

左側の雲のマークが書かれた四角の中にCanvaで作成した名刺のPDFデータをドラッグ&ドロップしてアップロードするか、ファインダーからデータを探してアップロードしたい場合は「データを入稿する」をクリックしましょう。

以下はファイルのアップロードが完了したあとの表示画面です。

「データチェックを行う」をクリック
「データチェックを行う」をクリック

「アップロードされたデータ」にCanvaで作成した名刺のPDFファイルが追加されたら、画面右下の「データチェックを行う」をクリックします。

するとデザインデータのロードが開始されるので数分待ちましょう。

ラクスルの自動データチェックが完了すると以下の画面が表示されます。

失敗・スピードチェック入稿で画像サイズが自動修正されてしまった
失敗・スピードチェック入稿で画像サイズが自動修正されてしまった

なんとここで思わぬ事態が発生しました。

自動でチェックされた名刺の4辺を囲む白フチのデザインの幅が自動修正により変更してしまいました。

あくまで機械による自動のチェックなので、おそらくトリムマークと白フチが混同してしまいうまく読み取られなかったのではないかと思います。

この状況を改善するには以下の2つのオプションがあります。

  • Canvaで名刺のデザインを再編集し再度アップロードする
  • オペレーターチェックを利用する

「オペレーターチェック」とは人の手によりデータチェックを行うことです。
無料で行うことができますが、チェックを受けられるまでに時間がかかります。
有料オプション(¥506)の「データチェックお急ぎ便」のオプションを購入すれば優先的にオペレーションチェックをすることもできますので参考にしてください。

今回は改善策として自動のデータ入稿でうまく読み込まれなかったと思われる白フチを無くしたデザインを再度アップロードすることにしました。

データ入稿がOKなら「最終確認へ進む」をクリック
データ入稿がOKなら「最終確認へ進む」をクリック

データ入稿の結果、問題がなければ「最終確認へ進む」をクリックしましょう。

すると以下の「仕上がりプレビュー」の画面が表示されます。

仕上がりプレビューを確認し「データ入稿する」をクリック
仕上がりプレビューを確認し「データ入稿する」をクリック

とくに不備がないようなら「データを入稿する」ボタンをクリックしてください。

すると以下のカートの画面が表示されますので左下の「支払い、お届け先の入力」をクリックします。

「支払い、お届け先の入力」をクリック
「支払い、お届け先の入力」をクリック

以下のように支払い方法、お届け先の入力をしましょう。

支払い方法、お届け先の入力をし「注文を確定する」をクリック
支払い方法、お届け先の入力をし「注文を確定する」をクリック
  1. 支払い方法を「クレジットカード/請求書払い/銀行振込/コンビニ払い」から選択する
  2. 名刺の配送方法を「宅配便(¥550)」または「メール便(¥242)」から選択する
  3. 出荷元・お届け先の確定の欄の「届け先」に住所などの個人情報を入力する
  4. 合計金額や記入に不備がないかを確認してOKなら「注文を確定する」をクリック

これでラクスルでの名刺の発注が完了しました!

後は手元にCanvaで作成したデザインの名刺が届くのを楽しみに待ちましょう

Dr.オフィス

ラクスルの印刷物の多くは送料無料だけど、名刺は残念ながら
有料になるよ。

ラクスルでCanvaで作ったチラシを印刷入稿する方法!

Canvaで作成したチラシももちろんラクスルに印刷発注することができます!

チラシの入稿方法も以下で確認してみましょう。

手順①ラクスルで印刷できる用紙サイズでCanvaでチラシをデザインする

ラクスルがチラシに対応している用紙のサイズ展開はA4〜A7・B4〜B8とさまざまです。

名刺のデザインと同じようにカスタムサイズで必要な用紙サイズでチラシのデザインをしましょう。

テンプレートから作成したオリジナルチラシ
テンプレートから作成したオリジナルチラシ

Canvaのチラシのテンプレートをつかえばおしゃれで見栄えのするチラシを簡単に作成することができます。

チラシを印刷をするためのデータの作成方法を»【Canva】印刷方法とプリント用データの作り方を徹底解説!の記事の「Canvaのチラシの印刷用データの作り方」でくわしく説明をしていますのでそちらを参考に印刷データを作成してください!

手順②ラクスルでチラシの注文手続きをする

次にチラシ印刷の注文手続きをしましょう。

チラシも名刺の印刷と大まかな要領は同じです!

まずはラクスルのチラシ印刷・フライヤー印刷のページを開きましょう。

ラクスルのチラシ・フライヤー商品一覧ページで用紙サイズを選択
ラクスルのチラシ・フライヤー商品一覧ページで用紙サイズを選択

作成したいチラシのサイズにカーソルをマウスオンしてクリックします。

すると以下の「A4サイズのチラシ・フライヤー印刷料金表」のページが表示されますので、「用紙/厚さ」「印刷カラー」「加工」の印刷オプションを選択していきましょう。

印刷オプションを選択する
印刷オプションを選択する

用紙/厚さ

チラシにつかえる用紙の種類
チラシにつかえる用紙の種類
  • 光沢紙(コート)
  • 普通紙(上質紙)
  • マット紙(マット)
  • 高級光沢紙(ハイマッキンレーアート)
  • ヴァンヌーボVGスノーホワイト
  • アートポスト
  • その他13種類の色紙上質紙
    (印刷カラーが片面・両面モノクロの場合には選択可能)

用紙の種類や厚さにより細かい値段設定がされていますので、ご自身で金額を確認してください。

印刷カラーを選択

片面・両面、カラー・モノクロの選択
片面・両面、カラー・モノクロの選択

【片面印刷】

  • 片面カラー
  • 片面モノクロ

【両面印刷】

  • 両面カラー
  • 片面カラー・裏面モノクロ
  • 両面モノクロ

印刷カラーのどれか1つを選択してください。

加工のオプション選択

加工オプションでは「折り加工」のオプションがあります。

折り加工を希望する場合は以下からオプションを選択してください。

折り加工オプションの種類
折り加工オプションの種類
  • 2つ折り(センター折り)
  • 外3つ折り
  • 十字折り(クロス8頁折り)
  • 外4つ折り
  • 片袖折り
  • 巻々4つ折り
  • 巻き3つ折り
  • 巻き4つ折り
  • 観音折り
  • 開き観音折り

「折り加工」はすべて有料オプションで、折り方によって値段もさまざまです。

印刷部数と出荷日を決める

次に印刷部数と出荷日を決定しましょう。

印刷部数と出荷日を決める
印刷部数と出荷日を決める

選択した印刷オプションに従い変更された価格表から印刷部数と出荷日が重なる金額を選択し「カートに追加する」をクリックしましょう。

ラクスルのチラシは送料無料です!

印刷部数は最低10部から最大30万部まで選択が可能、出荷日は早いもので当日(印刷部数による)、1営業日から5営業日まで選択が可能です。

入稿と注文確定を10時59分までに済ませれば、印刷部数により当日(0営業日)の出荷が可能なオプションもあります。(ただし請求書払いを選択した場合、12時29分までに審査通過しなければ注文は自動的にキャンセルされる。)

手順③ラクスルにチラシのデータを入稿する

ラクスルにログインし、Canvaで作成したチラシの印刷データをアップロードし入稿チェック、支払いと注文の確定をします。

データ入稿のしかたは上記のラクスルに名刺を印刷発注する方法の「手順③ラクスルに名刺のデータを入稿する」の項目で紹介している手順とまったく同じですのでそちらを参考にしてください。

両面印刷の場合のデータ入稿画面
両面印刷の場合のデータ入稿画面

なお、名刺もチラシも印刷オプションに両面印刷があります。

その場合は印刷データ2つをアップロードし入稿チェックする必要がありますので覚えておきましょう!

ラクスルでもサイズやルールを守れば簡単に発注、安くて綺麗な印刷ができる!

ネット印刷業者のラクスルでも、規定の用紙サイズやデータの保存方法を守ればCanvaで作成した名刺やチラシを入稿、印刷発注することができました!

ラクスルに発注をすれば出荷日や印刷部数も細かく選べ、さらに安くて早い印刷が期待できます。

Canvaのテンプレートのサイズでそのままラクスルに入稿できるものもありますが、名刺などのテンプレートのデフォルトサイズが海外のサイズになっているものもあります。

デザインを始める前にまずCanvaのテンプレートのサイズとラクスルで可能な印刷サイズを確認してから印刷データをつくりましょう!

おさらい
  • ラクスルは基本的には送料無料だが、名刺印刷は送料がかかる
  • ラクスルで1営業日出荷の宅配便で発注をすると本州、四国なら注文確定日から2日後〜3日後に届く(地域により差が出る)
  • データ入稿はスピードチェック(自動)とオペレーターチェックのオプションがある
  • オペレーターチェックは人の手によりチェックされるので時間がかかるが有料で「データチェックお急ぎ便」もある
  • 午前10時59分までに入稿及び注文が確定すればその日の内に出荷も可能な場合がある

Canvaのデザインも、いろいろな印刷方法を選べますので今回紹介したラクスルのようなネット印刷業者を探して印刷できるということもひとつ覚えておきましょう!

印刷の方法やCanvaで印刷に適したデザインデータの作成方法を»【Canva】印刷方法とプリント用データの作り方を徹底解説!の記事でくわしく説明をしていますのでぜひ参考にしてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる