【Canva】ロゴの商用利用ができる!できないこともあるので要チェック!

Canva初心者

Canvaのロゴの商用利用でしてはいけないことって一体なんだろう?
どこまでがOKでどこからがダメなのかがわからなくて使うのが怖いな。

Dr.オフィス

ビジネスをしている人なら、Canvaで作ったロゴの著作権や利用規約は気になるところだよね。
Canvaのロゴで商用利用できることとできないことを一緒に見ていこう!

Canvaで作成したロゴを商用でも安心して使っていきたいですよね。

今回はCanvaのロゴの商用利用で許可されていることと、されていないことを具体的な例を交えて紹介していきます。

ロゴだけでなく、Canvaで作成したデザインすべてにも関わることなのでぜひ参考にしてください!

Canvaで作成したロゴを商用利用するときの注意点
  1. 多くのビジネスシーンでロゴの商用利用が可能
  2. Canvaのロゴテンプレートを無加工での使用は不可
  3. ロゴの商標登録は、Canvaの一般的でシンプルな図形やフォント以外で作成したものは不可
  4. 商用利用で規約に違反するとアカウントが凍結する可能性がある
Dr.オフィス

Canvaで作ったデザインを普段からビジネスに使っている私が、ロゴを商用利用する際のルールと、注意しなくてはならないことも合わせて紹介していくよ!

Canvaのロゴがどんな商用利用ができるかを理解しておけば、いろいろな場面でデザインを活用するアイディアが生まれます。

商用で許可されていることの要点を守って、Canvaで簡単かつおしゃれに作成したデザインを使ってビジネスの幅を広げましょう!

Canvaでさっそくロゴを作りたくなった方のために»Canvaでロゴを作ろう!プロ級のおしゃれなデザインが簡単にできる!の記事も用意していますのでよかったらご覧ください。

目次

Canvaで作成したロゴの商用利用が許可されている例

Canvaのロゴの商用利用で許可されていること

Canvaでせっかくロゴを作ったのなら、いろいろなものに使用したいですよね。

では、一体どんなことに商用利用が許可されているのかを具体的な例を挙げてみます。

・SNSのプロフィール画像や投稿に使用する
・自社ホームページに載せる
・Web広告やバナーに載せる
・店頭のポスターやチラシに載せて配布する
・名刺や営業資料に載せて配布する
・取引先に送る手紙(年賀状やバースデーカード)に載せて送る
・Tシャツやマグカップにプリントして販売する
・本や雑誌に掲載して販売する

Canvaでロゴを作成しておけば、さまざまなビジネスシーンで役立ちますね!

ちなみにCanvaで作成したデザインすべてにおいてクレジット表記をする必要もないのが嬉しいところです。

Canva初心者

結構いろいろな場面で商用利用ができるからすごく助かるよ!

Dr.オフィス

だけど、自分でフリー素材サイトなどから得た素材をCanvaにアップロードしてロゴに使用している場合は要注意だよ!
その場合は他のサイトの商用に関する利用規約もよく読んで正しく使おう。

著作権に注意!Canvaのロゴの商用利用で許可されていないこと

Canvaで作成したロゴは基本的に商用利用ができますが、そうするためにはいくつか注意点もあります。

では一体何をしてはいけないのかを具体的に確認していきましょう。

無加工のテンプレートをそのまま使用するのはNG!

無加工のロゴテンプレートをそのまま使用するのは規約違反

Canvaのロゴテンプレートのデザインをそのまま使用すると、著作権の侵害になってしまうので気をつけましょう。

また、Canvaは不特定多数の人が使う人気のデザインツールです。

デザインの使用も他の人と被ることが想定されますので色やテキストを変更たり、レイアウトの変更などを行って必ずロゴにオリジナルの要素を出していきましょう。

Canvaで作成したロゴは商標登録できない!

Canvaのロゴテンプレートで作ったロゴを商標登録したいと思うかもしれませんが、これはNGです。

どうしてもロゴの商標登録をしたい場合は、「図形」や「線」、「テキスト」などの一般的な(Canva特有ではない)シンプルな要素の組み合わせで作成したものでしたら可能になります。

またはデザイナーさんにロゴ制作の依頼をし、Canva以外で作成した完全オリジナルのロゴを商標登録をするようにしましょう。

Canvaで作ったロゴの商標登録は規約違反

Canvaの商用利用に対する注意をふまえた上で、ロゴを有効利用していきましょう!

ちなみに無料版のCanvaでも、有料版のCanva Proでも利用規約は同じことなので必ず覚えておいてくださいね。

・Canvaのロゴのテンプレートや素材を「無加工でそのまま使用」すること
・Canvaで作ったロゴを「商標登録」すること

Canva初心者

もしも商用利用で規約違反をしてしまうとどうなるの?

Dr.オフィス

Canvaで作成したロゴを商標登録したりテンプレートの転用が発覚した場合、アカウントが凍結されたり最悪の場合は訴訟になるかもしれないよ。
そうならないためにも、Canvaで作成したロゴを商用利用するときはきちんと規約を確認してからつかおう。

ロゴの使用用途が違反になるかがよくわからないとき

ロゴをビジネス利用したいけど、その用途が規約違反に当たるかどうかが自分で判断がつきにくいこともあるかもしれません。

その場合はCanvaに直接問い合わせをして使用可能かどうかの確認をしましょう。

Canvaの問い合わせフォームへの行き方は以下を参考にしてください。

Canvaのホーム画面で「ヘルプセンター」をクリック

Canvaのホーム画面上部の「?」マークをクリックします。

すると「ヘルプセンター」の画面が表示されます。

「コンテンツライセンスとCanvaの商用利用」をクリック
  1. ヘルプセンターの画面を下に少しスクロールする
  2. 「コンテンツライセンスとCanvaの商用利用」をクリック

すると「コンテンツライセンスとCanvaの商用利用」のページが表示されます。

「当社サポートチームまでご連絡」をクリック
  1. ページを下にスクロールする
  2. 黄色いボックスの中の「当社サポートチームまでご連絡」をクリック

するとCanvaの「お問合せフォーム」が表示されます。

Canvaのお問い合わせフォーム
  1. 質問内容で「利用規約」を選択
  2. 説明に質問したい「商用利用」の内容を記入
  3. 「送信」をクリック

Canvaのロゴを商用利用するには利用規約を守って正しく使おう!

Canvaで作成したロゴを商用利用するにはロゴテンプレートを「無加工でそのまま使用」することと「商標登録」の違反をしなければさまざまなビジネスシーンで活用することができます。

Canvaで作成したロゴの商用利用が可能な範囲をきちんと理解すれば、使用の際に不安になることもありませんね。

ロゴ以外にもCanvaでは何通りものおしゃれなデザインが簡単に作成できるので、アイディアを活かしてどんどん有効利用してください!

おさらい
  • Canvaで作成したロゴの商用利用は基本的にOK
  • ロゴテンプレートを無加工のまま使用してはいけない
  • Canvaで作成したロゴの商標登録はシンプルな図形や線、フォントで作成されたもの以外はできない
  • 商用利用で違反をするとCanvaアカウントが凍結する可能性があるので注意

今回はCanvaで作成したロゴの商用利用でできることできないことを紹介しました。

ぜひ、ビジネスでCanvaで作成したデザインを使用するときの参考にしてくださいね!

Canvaの機能を組み合わせて切り抜いた文字に画像を透かせば、オリジナリティあふれるおもしろいデザインを作ることもできます。

ロゴのデザインのヒントになりそうなので»【Canva】文字の切り抜きをマスターしてオシャレなデザインにしよう!の記事もよかったらご覧ください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次